スポンサーリンク

レッスンの詳細(礼装コース)

大手着物教室の半分以下の期間で、個人指導による密度の濃いレッスンです。 技術・知識を同時に習得していただけるよう工夫をこらしています。

 

礼装コースのレッスン内容の詳細のご説明です。

 

おしゃれ着コースを終えられた方が、全3回のレッスンで、伊達衿付きの礼装を着て、
袋帯で二重太鼓を結べるようになります。

 

早い方だと、さらに帯結びを習得できる場合もあります。

 

 

礼装とは、結婚式や式典に参列されるときや、格式のある会合へのご参加、
入進学などの行事に参加されるときにお召しになるお着物をさします。

 

着物の種類では、色無地、付け下げ、訪問着、留袖、振袖です。
レッスン(お稽古)では、色無地、付け下げ、訪問着、留袖のいずれかで行います。

 

 

<レッスン内容>

 

■一回目

 

礼装着物・袋帯などの説明
半衿付けの復習
やわらか着物(礼装用)を着てみる
着装に重点をおいた指導
二重太鼓の説明
紋付着物のたたみ方
袋帯のたたみ方

 

■二回目

 

伊達衿をつける
補正をし礼装着物を着る
二重太鼓を結ぶ
二重太鼓に重点をおいた指導
着物・袋帯をたたむ
小物の片づけ方

 

■三回目

 

礼装着物の着装と二重太鼓を完成させる
個々人にあった着方の指導
着装にかかるチェックポイントの総点検
立ち居振る舞い・着崩れの直し方

 

 

最小限の時間で最大の効果がでるように、ご指導いたします。

 

着られるだけでなく、礼装着物で自信をもっておでかけできるようになっていただきます。

 

 

 

 

●お持ちいただくもの

 

着物(付け下げ・訪問着・色無地・江戸小紋)、袋帯、
腰ひも5本、伊達締め2本、
フェイスタオル3枚、長じゅばん、半衿、衿芯、
帯枕、帯揚げ、帯締め、帯板
伊達衿、着物クリップ3ケ(洗濯ばさみでも可)、足袋

 

お持ちいただくものの詳しい説明はこちらをごらんください。
  ↓↓↓
礼装コースで必要なもの(持ち物等)

 

 

●お持ち物に不足があるときは、こちらでお貸しします。

 

一部お持ちでないときも、全部お持ちでないときでも、
教室にあるものをお使いいただけます。無料です。

 

 

●着付けをはじめる前に

 

着付けをはじめるにあたり、髪が長い方はゴムや留め具で、
えりあしに髪がかからないようにしていただきます。

 

衿ぐりがあいた下着をご着用ください。
着姿を美しく保つため、和装ブラまたはスポーツブラをご着用ください。

 

 

●レッスンは数日あけて、次のレッスンを行なうと効率よく上達します。

 

 

●より自信を深めるために追加のレッスンのご希望があれば、お受けします。

 

袋帯による変わり結びをご希望の場合は、追加レッスンとなります。
延長の回数については特に制限はありませんので、納得なさるまでお越しいただいてかまいません。

 

 

●商品の斡旋や販売はいっさいありませんので、安心してお越しください。

 

●お教えする帯結びは、特別な器具を使用する方法ではありません。

 

●他所で習われたご経験のある方で、礼装のお稽古をご希望の方は、習得されている力量に差がありますので、上記の内容の一部を省くこともございます。必要なお稽古内容のみを行うようにしておりますので、その点あらかじめお教えくださいませ。

 

 

礼装コース(自分で着付ける)のお申し込みと、料金の確認はこちらからどうぞ。
  ↓↓↓
きらきら着物教室のお申込み・料金

 

 

 

 

 

スポンサーリンク






二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方