スポンサーリンク

成人式の振袖着付けはお母さんに任せて!

「成人式の振袖着付けはお母さんに任せて!」っと娘さんに胸をはって言えるといいのですが・・・

 

そんなご希望のIさん。

 

「振袖を着せるなんて無理よ」と親しい方にはいわれていて、「ご本人も無理だろうな、でもできるかもしれないし、着せてあげたいし」と迷っていらっしゃいました。

 

以前お電話いただいたときには、迷いつつもやってみようとお考えでしたが、時期が早すぎたこともあり、せっかく覚えても忘れてしまうといけないので、秋になってから再びお電話をいただき、お越しいただきました。

 

とはいえIさんの迷いは吹っ切れていないので、「お試し」のような気持ちでやってみることにしたわけです。

 

Iさんの挑戦

 

振袖着付け・着せ付け

 

「とりあえずやってみてできそうもないならあきらめる」ということで挑戦されました。

 

着物を着せられないことには、帯ができてもしかたありませんので、まずは振袖の着付けをやってみます。

 

Iさん自身は何年も前に習って自分で着ることができるので、細かい説明はほとんどしなくても大丈夫な方です。

 

Iさんが娘さんに着せてあげたい理由は、

 

・早朝から美容室に行かなくてもよいこと

 

・往復の時間や移動のことを考えると、美容室までの行き来が面倒

 

・自分で着せてあげられれば、時間に余裕もあり早々と予約する必要もない

 

・いった覚えれば、次女さんにも着せてあげられる

 

・二人の娘に今度2~3度は機会があるはずなので、できれば自分が着せたい

 

・自分の成人式の着物を利用したい(Iさんのお母様がIさんの成人式に用意したもの)ので思い入れのある着物で、娘にも自分の手で受け継いでもらいたい

 

という想いがおありです。

 

ですが、自分でできないときのために、ちゃんと行きつけの美容室には着付けの予約を入れてあるIさん、安心できますね。

 

この日振袖の着付けを初めてしたのですが、Iさんの熱心な想いがあって、打合せや衿合わせなどもかなりスムーズに理解していただけ、手をうまく動かすことができました。

 

一番の悩みは着くずれ

 

式当日3時間ほどの間行って帰ってくるまで、「着くずれないか?」ということが心配とおっしゃいます。

 

これについてはコツや要点をお伝えするので、まず大丈夫と思います。

 

とはいえ自信を持てるまでできるか・・・やはり不安でいらっしゃいますので、続けられるかどうかを再度お考えいただくことにしました。

 

振袖を着せてあげるまでに、あまり日にちが空いても忘れてしまうといけないですし、やはりできるだけレッスン回数は少なくしたいとお考えですしね。

 

今回は「自分を試す」みたいなお気持ちでしたが、実際に着せる振袖、帯、小物で手に馴染むように覚えるのが一番よいので、小物まで全部決めて、次回はお持ちいただくようにしました。

 

着物の着方は大きな変化はありませんが、袋帯は硬さや柄の入り方、刺繍が多く華やかなものなどで、結びを変える必要がありますから、拝見したうえで結び方は決めていきます。

 

もちろん「簡単だけど、ゴージャスに見えるような結び」ですね。

 

 

着せてあげるのは「着物を自分で着るよりは簡単そう」と思える部分もあります。

 

振袖が着せられれば、「あとお太鼓ができれば何でもできそうですね!」とおっしゃっていたIさん、Iさんの想いが娘さんにつながりますように。

 

振袖を着付けてあげるレッスンの詳細はこちらです。(三重紐はレッスン料に含まれています)
↓↓
振袖を着せてあげるレッスン(詳細

スポンサーリンク






二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方