スポンサーリンク

長じゅばんの広衿派とバチ衿派

バチ襟と広襟

 

 

長じゅばんの衿は二種類あります。バチ衿と広衿です。

 

たいていはどちらか一方のみをお持ちになっているようで、たいていはバチ衿のみをお持ちになっている方が多いです。

 

 

 

バチ衿のよいところは、衿あわせが楽なところ。

 

半衿のつけ方も、バチ衿の方が簡単だと思います。

 

またプラスチック芯を、すーっと通すとき、抜くときは、ちょっと快感。

 

芯がすーっとはいったときは、スタートがスムーズに感じられたりもします。

 

最近は呉服やさんや仕立て屋さんでは、礼装着物用の長じゅばんも、バチ衿をすすめるところが多いようです。

 

 

広衿のよいところは、ゆったりとした前合わせができ、融通がきくところはよいところです。

 

前合わせにゆとりがあった方が、着心地はよくなります。

 

そして広衿は、見た目に厚みがあるので、豪華な印象も出せます。

 

半衿つけに少々時間がかかるのが難点です。

 

 

これから長じゅばんを誂えるのであれば、上記の理由で、細い~普通体型の方までは、バチ衿の方が扱いやすいでしょう。

 

 

 

 

きらこ よしえ の きらきら着物教室のご案内

 

大手着物教室の半分以下の期間で、個人指導による密度の濃いレッスンです。 技術・知識を同時に習得していただけるよう工夫をこらしています。

 

きらきら着物教室のお申し込みと、料金の確認はこちらからどうぞ。
  ↓↓↓
きらきら着物教室のお申込み・料金

 

 

 

 

スポンサーリンク






二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方