スポンサーリンク

他装は自装ができないとダメ?

他装は自装ができないとダメ?

 

「他装は自装ができないとできませんか?」

 

というご質問を受けました。

 

他装というのは、人に着付けをしてあげることです。

 

着付けを系統立てて教えているところなら、他装の練習を始めるのは自装のあとになっていると思います。

 

その逆になることはないはずです。

 

 

着物のしくみや着付けの順序をまったく知らないという人が、人に着物を着せてあげるのは、時間ばかりかかってむつかしいでしょう。

 

でも、着物だけは練習していて、帯はまだ練習できていないという程度でしたら、帯の仕組みを理解すればよいので、着せてあげることも無理ではありません。

 

 

着物に興味がある、どうしても着せてあげなければならないわけがある、という方ですと、お教えしていても飲み込みが早いです。

 

 

ただ、他装は自装とは全く別の視点も必要になります。

 

自分でうまく着られるから、うまく着せられるというわけでもありません。

 

力の加減や着心地がどうなのかという、相手の立場にたった判断が必要です。

 

また、着せる人の年齢や体型、好みに応じて、衣紋の抜き加減やどんな帯結びが好きかということも、考慮する必要があります。

 

 

ですから一概に、着物が着られるから、他装も簡単よともいえませんし、他装が素早くできるからといって、快適なベストな着付けができているとも言いにくいのです。

 

 

とはいえ、着物に興味がおありで、娘さんやお友達に、着付けをしてあげたいとお考えであれば、ご相談ください。

 

着物をお着せするのも、一つの技術です。

 

ご自分の着付けが上達されましたら、ぜひ娘さんやお友達にも、着せてあげられるようになるといいですよ。きっと喜ばれるはずです。

 

 

 

 

人に着付けてあげる(他装)レッスンの詳細

 

大手着物教室の半分以下の期間で、個人指導による密度の濃いレッスンです。 技術・知識を同時に習得していただけるよう工夫をこらしています。

 

きらこ よしえ の きらきら着物教室のご案内

 

 

きらきら着物教室のお申し込みと、料金の確認はこちらからどうぞ。
  ↓↓↓
きらきら着物教室のお申込み・料金

 

 

 

 


スポンサーリンク






二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方