スポンサーリンク

レセプション参加のためのお着物

レセプションのときの着物

 

着物を着る目的は、それぞれ違いますので、

 

着付けをこれから学びたいとおっしゃる方に、いつもお召になる目的をお聞きしています

 

その方の目的が、着付けの到着点でもあるからです。

 

 

その方は、「レセプションで着たい」というご希望でした。

 

多分大勢の方が集う、立食のパーティーだと思われます。

 

 

披露宴もレセプションと言うことがあるようですが、

 

その歳は、立場や場所によってある程度決まってくる装いがありますので、むしろ相談しやすいです。

 

 

その方のご出席になるレセプションは、参加する側であることと、

 

どんな立場の人が集うところなのかによって、幅がかなり広がります。

 

 

二重太鼓をするほどではないとわかれば、

 

お太鼓をキチンと結べるようになっておけばよいので、

 

ハードルはさほど高くないと思います。

 

 

着物を着て、お太鼓結びができるようになる、

 

そして所作を理解する、着崩れに対処できるようになることを、

 

あらかじめ習得しておくと、安心して人前に出ることができます。

 

 

 

その方は、今後国際結婚をなさる予定でもあるとか。

 

外国でお住まいになるには、浴衣での交流も視野にいれておいた方がいいと思います。

 

浴衣はなんといっても、国際交流の一番身近な方法でもあるからです。

 

 

でもそんなときも、10代の学生さんとは違い、

 

30代40代の年齢相応の大人の風格があった方がいいと思います。

 

(彼女は30代になられていましたし、お見受けすると非常に教養のある方でした)

 

 

レセプションにふさわしい華やかな小紋、

 

あるいは、訪問着が喜ばれるのではと想像します。

 

 

まだレッスンがはじまったばかりですので、

 

着物の種類をいろいろとご説明してから、

 

何を求めればいいのかを、お考えいただくことになります。

 

 

 

 

大手着物教室の半分以下の期間で、個人指導による密度の濃いレッスンです。 技術・知識を同時に習得していただけるよう工夫をこらしています。

 

浴衣とおしゃれ着をマスターしたいなら5回で終了。
きらこ よしえ の きらきら着物教室のご案内

 

 

きらきら着物教室のお申し込みと、料金の確認はこちらからどうぞ。
  ↓↓↓
きらきら着物教室のお申込み・料金

 


スポンサーリンク






二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方