スポンサーリンク

着物の時の下着選び・和装ブラの他には

着物のときのブラについて

 

着物を着るときの下着のうち、バストを整える下着についてお話します

 

きものは洋装とは違い、胸の大きさや形を強調したり、美しく見せるための衣装ではありません。

 

着物は平面でできているので、成り立ちが洋服とは全く違います。

 

洋服にあるような、ファスナー、ボタン、タック、ダーツなどはいっさいありません。

 

そのため着物を着るにあたり、体の線をけすよなつもりで、着物にフィットさせていく必要があります。

 

それが、着物姿の見栄えをよくしますし、着崩れも防げることになります。

 

 

普段用の着物で気楽に過ごす分には、いつもの下着でかまいませんが、バストを強調するようなブラは、着崩れのもとになり、帯にしわをつくったりして、あまりおすすめできません。

 

着物でおしゃれをしてお出かけなさる、あるいは社交の場にでられるというのであれば、胸のラインが鳩胸になって、衿や肩、帯へとスムーズにラインが整うような、ブラを選んでみてください。

 

 

着物というと「和装用ブラ」でなければいけないということではありません。

 

「和装用ブラ」は着物に適したバストにするために、できるだけ胸が平面になるようにできていますし、鳩胸に近づくようパットを入れられるようになっています。

 

サイズ展開は少なく、白しかない?かもしれません。

 

「せっかく素敵な形のバストなのに、残念~」

 

「和装ブラなんてカッコ悪い」というご感想もいただきますが、

 

着物が平面構成であることや、着物姿を美しく見せる点をお考えいただいて、ご理解いただきたいと思います。

 

 

そこで、たまにしか着物を着ない方などで、胸をつぶす和装ブラをわざわざ購入したくないという方は、「スポーツ用ブラ」をおすすめしています。

 

これはワイヤーがなく、バストを強調する厚いカップでないため、お持ちの方も多いからです。

 

バストのそんなに大きくない方は、ブラなしでももちろんかまいません。

 

 

ブラを始めて以来、ブラなしで過ごしたことはない、という方ですと、ブラをしなままというのはとても違和感があると思いますので、そういう方は、できるだけカップの厚みやでっぱりのないブラをご使用ください。

 

 

最近では、「ブラトップ」という名称の、カップ付きのキャミソールがありますね。

 

和装ブラ、スポーツブラに代わるものとしては、これがよいかもしれません。

 

これもバストをできるだけこじんまりと見せるものにしていただきたいと思います。

 

 

バストが大きくて・・・という方は、和装ブラをなさるのが一番よいです。

 

バストが大きい方が、ブラなしで着物をお召になると、帯の上に胸がのっかった形になって、老けた印象になってしまうのです。

 

もうじき大きいバストをしっかりまとめる、和洋兼用のブラが発売される予定ですので、それも使っていただけます。

 

せっかくのお着物姿が残念なことになってはいけませんので、和装ブラかそれに準ずるものをおすすめしています。

 

 

昔は礼装をお召になるとき、「さらし」を利用して、大きいバストをまとめていましたので(今も結婚式場などでなさることもあるかもしれません)、練習をしてさらしをご利用になるのもいいでしょう。

 

 

着物を着るときは、着物にあった下着をというのは、着物姿をより美しく見せるためです。

 

洋服との違いをご理解いただきますようお願いいたします。

 

 


スポンサーリンク






二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方