スポンサーリンク

美しい着物姿のための補正とタオル

ウエスト補正用品(タオル補正)

着物は美しい着姿にするため、体型の補正にタオルを用います。

 

それは着物が洋服と違って、体の形に合わせてデザインされているわけではないからです。

 

平たい布によって構成されているのが着物なので、それを体にまとうとき、体の曲線にそわせると、特にウエスト周りにしわが出来てしまいます。

 

そして帯にもしわが出来てしまいます。

 

そこで着物雑誌のモデルさんたちもそうですが、みな着物や長じゅばんを着る前に、タオルで補正をしています。

 

タオルで体のくぼみを埋めるようにして、体全体がずん胴になるようにしています。

 

こすると、着物や帯にしわができないですし、着くずれも防げます。

 

 

補正の方法には、タオル以外にも市販の補正用品がありますので、同じ目的のものであれば利用していただけばよいです。

 

ただ下着のすぐあとにつけるものなので、素材は吸湿性のよいもの、また洗いのきくものが着け心地がよいです

 

市販の補正用品は、「補正下着」「着物ファンデーション」「補正ファンデーション」「下着パット」「着物補正着」「着物補正下着」などの名称で販売されています。

 

年間通して利用できる、吸湿性のよいものもあるようですので、そういったものを選ぶのもよいですね。

 

ウエスト補正用品(タオル補正)

 

また暑い季節には、洗い替えがあるととても便利ですから、タオルで自分で作っておくと合理的です。

 

フェイスタオルを利用して、普通は2枚を重ねて、両端に腰ひもを取り付けておきます。

 

タオル生地が動かないように、あらく全体を縫っておくと使いやすいです。

 

ただタオルが4枚重なるので、乾燥は早くはないですけどね。

 

浴衣のときと普通の着物のときとで、補正の分量が変わるようなら、厚いもの、薄いものと、タオルの量を加減して、いくつか作っておくととても重宝しますよ。

 

人によっては補正がいらない方もあります。

 

バスト、ウエスト、ヒップの差があまりない方です。

 

それでも、お尻の上のくぼみは、あると思いますので、お太鼓のときそこだけでも薄いタオルをあてると、たれの形が崩れにくいのでされるとよいです。

 

補正と一言でいっても、一人ひとりみな体型が違いますので、これをすれば大丈夫と一言で言いにくいですが、基本はウエストの補正、そしてヒップの上のくぼみの補正です。

 

タオルで作ると、必要な分量だけ補正できるので、教室ではこちらをおすすめしています。

 

簡単に作れますので、作り方の詳細をお話しています。

 

それでも、時間がない!針仕事が苦手!という方に、代わりにお作りしたこともあります。

 

着物の着方に慣れるにしたがって、補正の仕方も上達しますので、タオルを用いて自分の体にあった補正の仕方をマスターしてくださいね。


スポンサーリンク






二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方