スポンサーリンク

成人を迎えるお嬢様がいらっしゃるお母様へ

振袖を着付けてあげる

 

きらきら着物教室にお越しになる前は、不安の方が大きかったお母様も、

 

袋帯の変わり結びの練習を始めると、「あら意外とかんたんだわ」とおっしゃいます。

 

そういう感想をもたれるということは、それだけ複雑に見える帯結びも、

 

種明かしをすれば容易にできるということです。

 

娘さんに着付けるだけなら、変わり結びはひとつ覚えておけば十分。

 

もっと別の帯結びをしてみたいということなら、また必要になったときに覚えればいいですからね。

 

「三重紐」とかトリプル紐と呼ばれる変わり結び用のゴム紐があって、

 

これを利用する美容院や着付け師がほとんどだと思います。

 

これを使うことで、帯のひだを容易に留めることができるようになりました。

 

ひだそのものは自分で作らなければなりませんが、

 

ひだのとり方は手元をみていいただくと、「なんだそうだったのか」とお感じになるはずです。

 

先日お越しいただいたお母様は、ご自分の帯と着物でお祝いしたいとのこと。

 

娘さんも呉服屋さんに見にいったものの、お母様の振袖の方が素敵だったということで、

 

大切にされていた振袖が、また晴れの日に生かされることになりました。

 

(着物も帯も、20~30年前のものの方が絹の質のよいものが多かったのです)

 

素敵なお話ですね。

 

お母様はご自分でときどき着物を着る程度ではありますが、

 

しくみがわかっているので、実技の進みも早かったです。

 

 

錦織や唐織の分厚い帯によっては、ひだの数を減らす場合もありますが、

 

三重紐を使っての帯結びは、理解しやすくまた変化をつけやすいのが特徴です。

 

お嬢様の晴れの日に、お母様の手で振袖を着せて飾ってあげませんか?

 

お嬢様との素敵な時間と思い出を残せますよ。

 

 

お母様が着付けてあげられると、早朝から込み合った美容院に出向かなくてもよくなりますし、

 

ご本人の負担も減るという利点もあります。

 

卒業式やお友達の結婚披露宴、お茶会などにも着付けてあげらますよ。

 

 

振袖を着付けてあげるレッスンの詳細はこちらです。(三重紐はレッスン料に含まれています)
↓↓
振袖を着せてあげるレッスン(詳細)

 


スポンサーリンク






二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方